酵素とは 効果とおすすめ

 

メリット
デメリット
酵素ドリンク
・吸収性が優れている(即効性が高い)
・ファスティングができる
・飲料や食べ物に混ぜてもOK(飲み方を変えられる)

 

デメリット
・持ち運びに不便
・匂いや味が気になる場合がある
・ドロっとした液体が気になる場合がある

 

 

 

酵素サプリ
メリット
・携帯性に優れている(飲む場所を選ばない)
・値段が安め(ドリンクに比べて)
・味や臭いなど風味に関係なく飲める

 

 

デメリット
・ファスティングに不向き
・即効性が低い(ドリンクに比べて)

 

 

携帯性や飲みやすさの違いなどは想定内ですが、
ドリンクとサプリのもっとも大きな違いが2つあります。

 

吸収性(=即効性)の違いが大きいこと(ドリンクの方が有利)
ファスティング目的に向き不向きがある(サプリは不向き)
ということです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

置き換え(ファスティング)は1日1回までにして、残りの2食は(食事制限しない)通常のお食事。(酵素だけでなく、Lカルニチンやアカメガシワなどサポート成分もふんだんに配合しているため)

 

 

 

 

ダイエット目的で飲むのであれば、
即効性が期待でき、なおかつファスティングに使えるという理由で
ドリンクタイプに軍配があがります。

 

ドリンクだけを販売している業者、またはサプリだけを販売する業者に
ダイエットにはドリンクとサプリではどちらが良いか?と質問しても、
自社を擁護(ようご)する答えが返ってくるのは予測できます。

 

それでは、答えが偏ってしまって正しい判断ができないのでダメですが、
両方の商品を販売している会社の見解なら、ある程度信ぴょう性があると思います。

 

その意味で、ドリンク・サプリの両方を販売しているベジーデル酵素の回答(以下)は、
”ダイエットにはドリンクタイプの方がおすすめ”ということに対する納得感があります。